FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

母ノート 1 「汚れ下着に付いた白濁液を見て息子の部屋を調べる母」




ero_24.jpg
 春の到来をはっきりと感じることのできたある日、洗濯機の中のわたしの下着が不自然にほかの汚れ物の一番上に置いてあった。
 まさかと思い、取り出してクロッチの部分を確認した。その状態に一瞬息を飲んだ。どろっとした白濁液が付いている。それが何かは分かっていたが、信じたくない気持ちが募って、白濁液を指ですくって感触を確かめた。やはり予想していたものだった。
 わたしは、洗面所でそれが付いた指だけでなく、両手を石けんでゴシゴシ洗った。そして洗濯機の中に洗剤を入れ、ふたを閉め、スイッチを入れた。少し動悸がおさまり、洗濯槽の中に水が満たされていく音をぼんやり聞いていたが、すぐに我に返った。

 下着が不自然に汚れていたのは、今回が初めてではない。でも、あんなにあからさまに粘りけのあるものがついていたことはなかった。洗濯が終われば、何事もなかったかのように、使い古しの汚れの筋がついたわたしの下着はきれいになる。そうだ、だから慌てることはない。わたしは、これまでもそういう風に自分に思い聞かせて、自分を保ってきた。クロッチ全体が湿って匂いを嗅ぐと独特のオスの臭気が漂ってきても、わたしは騒ぎ立てて犯人を問い詰めることはしなかった。


 犯人はこの世にたった一人の17歳のわたしの息子だ。夫がわたしの汚れ下着に興味を持つはずがない。以前、一度だけ息子のベッドにわたしの下着が丸めて隠されていたことがあった。衝撃を受けたけど、どうすることもできなかった。黙ってその下着はどこかになくしたと思うようにした。すると翌日、洗濯機の中にそれは戻されていた。買ったばかりの新品や、洗濯済みのものではなく、一日身につけて汚れたパンティを調べられたり、いたずらされるのは、おぞましいことだった。しかも息子がそんなことをしたなんて、信じられなかった。

 ただ、怒りやおぞましさよりも、息子のことが心配になった。このままこんなことをしていたら、犯罪者になってしまうのではないか。まともな人生を歩いて行けなくなるのではないか。そういう思いが先に立った。かといって、面と向かって息子と相対する勇気もない。「どうしてこんなことをするの」そう言って注意をすることなど、とてもできない。そう思った。

 わたしは、息子の布団を干そうとしてかけ布団をはぐり、初めて自分の下着を発見したときから、ときどき、息子の部屋を調べるようになっていた。17歳ともなれば、ゴミ箱にくしゃくしゃになったティッシュがたくさんたまっていることもあった。それは別段おののくようなことではなかった。わたしには二人の兄がいたので何となくそういうことは知識があった。でも、母親の下着をベッドに隠しているというのは、不安を募らせた。だから、自分が安心したいために息子の机の引き出しの中や、ベッドの下、大小のビニールボックス、バッグ類の中をチェックした。引き出しの中やベッドの下には、18歳未満は読んではいけないいやらしい本が何冊か隠されていた。アダルトDVDもいくつかあった。わたしは密かに、息子がどこかにわたし以外の女性の下着を隠し持っていたりしないか心配していた。

 いままで、何度もチェックしたけれど、知らない下着を見つけたことはなかった。でも、拭き取ることもなくそのまま白濁液を下着に付けて洗濯機に戻されていたのに、そのままにしておけなかった。久しく感じたことのなかった不安が心の中にわき上がってきた。わたしは、腰をかがめてベッドの下をのぞき込み、捨て置かれているものをチェックし、できるだけ元の位置に戻した。そして、普段は中をのぞいたりすることのない、ティッシュのクズが詰まったゴミ箱にも手を入れた。ティッシュの塊が手に触れたとき、ひんやりした湿り気が伝わってきた。わたしは、目を瞑り、その奥を探った。見えない状態で探っていてもらちがあかないと感じ、新聞紙をもってきて広げ、その上にすべてを落とし、チェックした。自分でも何かとりつかれているような、おかしな気分になったけど、それでもやらねばと細かな紙くずまで調べた。

 ゴミ箱からも、ビニールボックスからも、いつも調べる場所からは何も異常を感じるものは出てこなかった。ただ、机の引き出しからノートが見つかった。三段連なった引き出しのカギの付いていない二番目だった。薄茶の表紙の普通のコンビニでも売っているようなノートだった。表紙には何も書かれていなかった。最初のページにはこう書いてあった。

 「このノートをこれから『母ノート』と呼ぶことにする。母のことを書いていく。今日、母の下着が洗濯機にあった。わりと使いこんだものだ。黄色い筋がついている。匂いを嗅いでいるうちに、興奮して、擦りつけてしてしまった。終わったあと、考えが浮かんだ。精液をつけたまま戻しておいたら。それを母が洗濯前に見つけたら。そしてそのパンティをはいて母がオナニーしたら。母だってオナニーはときどきするはず。息子の精液にドキドキしたりして。そんなのは作り物だけの世界だろうが。俺の精液がぬるぬる母のあそこにすり込まれて、母が濡らして、俺と母の液が混じる。。。そんなこと考えていたら、またしたくなってしまった。母のことを考えるといくらでもできる。笑っちゃうくらい、ぜつりんだ。いま、拭かないでそのまま戻してきた。たぶん、気付かないでそのまま洗ってしまうだろうな」

 「いま、洗濯物の中に押し込んでおいたパンティを目立つように一番上に置いておいた。もしかしたら、気付くかもしれない。気付いたら、軽蔑されるだろう。息子とも思ってもらえなくなるかもしれない。何度も迷ったが、決意した。そのまま目立つようにして明日を待つ」

 途中から文字を追えなくなり、なんども読み返してようやく意味がすべてわかった。息子の書いていることは、他愛のない妄想だ。それだけのことだ。わたしはいつの間にか息子の部屋を出て、洗濯機の前に立っていた。ぐわんぐわんと音をたてる洗濯機をぼんやり見つめていた。

(つづく)
関連記事

テーマ : 今夜のおかず
ジャンル : アダルト

tag : 母ノート

 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
ここもポチッとお願いします!!
これはお得!! NEATY ROYAL推奨 皆様のランキング投票=“明日への糧”です。なにとぞよろしくお願い申し上げます。
アダルトブログランキングへ
新着記事
LINK
タグクラウド

RSSリンクの表示
訪問者様累計
プロフィール

NEATY ROYAL

Author:NEATY ROYAL
このブログは21歳未満の方は閲覧禁止です。さまざまな過激な表現が含まれるコンテンツがあります。ご注意ください。動画紹介記事をのぞく記事で掲載される動画・画像は本文とは無関係です。記事タイトルか「Read More」をクリックすると全文が読めます。
当ブログに掲載されている本文記事はすべてオリジナルです。コンテンツ(動画、画像以外)の著作権はすべてNEATY ROYALに帰属します。無断転載ならびに著作権侵害にあたる行為を禁じます。
【動画の再生について】動画再生での事故、不利益に関して、当ブログは一切責任を負いません。当サイトは著作権侵害を目的に運営はしておりませんが、問題がある場合、しかるべき方からの削除要請には迅速に対応いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
平日14時の発情妻たち H-ONE 期間限定 企画 お宝 プレゼント 無修正投稿掲示板
カテゴリ
注目記事
厳選バナー
オナホール2 アダルトDVDレンタル JET映像 超林堂 バレたら終わり!私は親友の弟と交尾しちゃっている 女性向けアダルト動画 電脳出版 VIP エピキュリアン AVS AVマーケット コアコレ Vol.1 ダウンロード販売 アートビデオ ベイビーエンターテイメント 猪鹿蝶
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。